ルイボスティーNAVI

ルイボスティー
サイト情報
HOME
お問合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ
ルイボスティー
ルイボスティーの特徴
ルイボスティーの効果
ルイボスティーの飲み方
オーガニックルイボスティー
ルイボスを知る
ルイボスの栽培
ルイボスとは
ルイボスティーの歴史
ルイボスティーの選び方
ノンカフェイン
流産の予防
不妊改善
妊婦さんに人気の理由
赤ちゃんにも安心
体のためにルイボスティー
老化を防ぐ
便秘解消
美肌を目指す
二日酔い防止
精神安定
高血圧予防
花粉症対策
加齢臭が気になり始めたら
ルイボスティーダイエット
アレルギー
アトピー性皮膚炎
ルイボス茶葉の活用法
手作り石鹸
手作り化粧水
簡単ティッシュパック
ルイボスクッキー
ルイボスティーの有効成分
各種ミネラル
ケルセチン
SOD

ルイボスティーの有効成分

ケルセチン

ルイボスティーに含まれているフラボノイドの一種で、ケルセチン(quercetin)という成分があります。他にも、たまねぎ(皮含む)やブロッコリー、リンゴの皮、赤ワイン、ほうれん草などにも含まれていることで知られていますが、効能として、血管の強化、高血圧の改善、骨粗しょう症の予防、抹消血管の強化、花粉症などのアレルギー症状の緩和、ガンの予防などが知られています。

このケルセチンは、ルイボスティーの代表的な成分のひとつで、強力な抗酸化力を持っていることが知られています。この強い抗酸化力で、悪玉コレステロールの酸化を防いで心筋梗塞や動脈硬化等を予防します。

さらに骨粗しょう症にも有効で、骨密度の低下を防ぐという効果が出ています。抗酸化物質の一つにビタミンCもありますが、ケルセチンにはビタミンCの吸収を助けるという働きも持っています。

ルイボスティーには、花粉症やアトピー性皮膚炎などの、アレルギーの改善に効果があるというものがありますが、これはケルセチンによる、ヒスタミンを抑制する働きによる効果が大きいといわれています。

さらにケルセチンには、善玉菌を守る働きがあるので、腸内環境を改善するのに役立ちます。このように、さまざまな角度から健康を守るよう働きかけているのが、ルイボスティーに含まれているケルセチンです。ただ、ルイボスティーを飲んでいるだけでは十分とはいえません。

高カロリーで脂っこい食事を多く摂り続けたり、塩分の高い食事を続けていれば、いくらルイボスティーを飲んでいても、その効果は半減します。バランスの良い食事とルイボスティーがよりあなたを健康へと導いてくれる事でしょう。

Copyright (C) ルイボスティーNAVINET All Rights Reserved