ルイボスティーNAVI

ルイボスティー
サイト情報
HOME
お問合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ
ルイボスティー
ルイボスティーの特徴
ルイボスティーの効果
ルイボスティーの飲み方
オーガニックルイボスティー
ルイボスを知る
ルイボスの栽培
ルイボスとは
ルイボスティーの歴史
ルイボスティーの選び方
ノンカフェイン
流産の予防
不妊改善
妊婦さんに人気の理由
赤ちゃんにも安心
体のためにルイボスティー
老化を防ぐ
便秘解消
美肌を目指す
二日酔い防止
精神安定
高血圧予防
花粉症対策
加齢臭が気になり始めたら
ルイボスティーダイエット
アレルギー
アトピー性皮膚炎
ルイボス茶葉の活用法
手作り石鹸
手作り化粧水
簡単ティッシュパック
ルイボスクッキー
ルイボスティーの有効成分
各種ミネラル
ケルセチン
SOD

ルイボスを知る

ルイボスとは

ルイボス(rooibos)は、学名をアスパラサス・リネアリス(Aspalathus linearis)といい、現地語では「赤い潅木」(Red Bush)、などと呼ばれ、ルイボスティーのことは、Bush Tea、Red Bush Tea、South African Red Teaなどと呼ばれています。

ルイボスは低木で針葉樹の一種、金、ダイヤモンドなどの鉱物が豊富な、南アフリカの大地に10mもの長い根を伸ばし、ミネラルを吸収して成長します。

そのミネラルや有効成分は、他のお茶と比較しても格段に多く、最も注目されているのが、活性酸素を除去する、抗酸化物質スーパーオキシド ディスムターゼ(SOD)様のフラボノイド酵素の含有量の多さです。

他にも豊富なミネラルを含んでいるのに、カフェインを含まず、低タンニンであるため、赤ちゃんの便秘解消にも良いといわれています。健康茶として近年日本でも愛飲者が増えており、地元では昔から「奇跡のお茶」や「不老長寿の秘薬」「自然の万能薬」などと呼ばれて愛飲されていました。

ルイボスの自生する南アフリカのセダルバーグ山脈は「七色に変る神秘の山」と呼ばれ、他の地では栽培できない植物だと言われています。

ルイボスティーは香り、色、カットの細かさ、葉と茎の割合、有機の違い、SOD様酵素の含有量でランク別に分けられます。取り扱う会社によって違いはあるものの、3?5段階のグレード分けされている事が多く、最高級といわれている茶葉は、茎が少なく柔らかい茶葉で、収穫全量のわずか0.3%程。抽出の速さとまろやかな味わい、芳醇な香りが特徴といわれています。

Copyright (C) ルイボスティーNAVINET All Rights Reserved