ルイボスティーNAVI

ルイボスティー
サイト情報
HOME
お問合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ
ルイボスティー
ルイボスティーの特徴
ルイボスティーの効果
ルイボスティーの飲み方
オーガニックルイボスティー
ルイボスを知る
ルイボスの栽培
ルイボスとは
ルイボスティーの歴史
ルイボスティーの選び方
ノンカフェイン
流産の予防
不妊改善
妊婦さんに人気の理由
赤ちゃんにも安心
体のためにルイボスティー
老化を防ぐ
便秘解消
美肌を目指す
二日酔い防止
精神安定
高血圧予防
花粉症対策
加齢臭が気になり始めたら
ルイボスティーダイエット
アレルギー
アトピー性皮膚炎
ルイボス茶葉の活用法
手作り石鹸
手作り化粧水
簡単ティッシュパック
ルイボスクッキー
ルイボスティーの有効成分
各種ミネラル
ケルセチン
SOD

ルイボスティー

オーガニックルイボスティー

オーガニックとは有機栽培のことで、農薬を一切使っていないだけでなく、化学肥料も使用していない場合にオーガニック(有機栽培)と呼んでいます。無農薬栽培や減農薬栽培という場合、農薬の量の規定はありますが、化学肥料の使用の有無についての規定はありません。

オーガニックルイボスティーに関しては、適した気候でないと育たないという難しい植物の為、気候が似ているといわれるイスラエルでさえも、その生産を諦めた程、どこでも生産できるというものではなく、そのほとんどが南アフリカのケープタウンの北250Km程の場所にあるセダーバーグ山脈一帯の乾燥した、酸性の砂地で生産されたものです。

何世紀も昔からこの地域に自生していた植物ですので、そのほとんどは農薬や化学肥料を使わずに生産されていると思われますが、近年の人気から輸出量が増えた事による影響は定かではありません。

輸入をしている会社などが独自で成分調査などをして、有効成分の含有量などを明記したものなども最近では良く見かけますので、ご自身が安心して召し上がる事のできる商品を購入するのが良いと思います。

生産者によって呼び名は違いますが、ルイボスティーにもグレード(等級)の違いがあります。最高グレードと呼ばれるものには、茎の割合が低く非常にまろやかな味わいだといわれています。成分の違いもあるようです。

安価なグレードには茎の部分が多く含まれているため、苦みが増し、飲みにくいという印象を持つ方もいるようです。残留農薬が一切検出されず、化学肥料が使われていないオーガニックルイボスティーは、体に沢山の有効成分をもたらしてくれることでしょう。

Copyright (C) ルイボスティーNAVINET All Rights Reserved