ルイボスティーNAVI

ルイボスティー
サイト情報
HOME
お問合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ
ルイボスティー
ルイボスティーの特徴
ルイボスティーの効果
ルイボスティーの飲み方
オーガニックルイボスティー
ルイボスを知る
ルイボスの栽培
ルイボスとは
ルイボスティーの歴史
ルイボスティーの選び方
ノンカフェイン
流産の予防
不妊改善
妊婦さんに人気の理由
赤ちゃんにも安心
体のためにルイボスティー
老化を防ぐ
便秘解消
美肌を目指す
二日酔い防止
精神安定
高血圧予防
花粉症対策
加齢臭が気になり始めたら
ルイボスティーダイエット
アレルギー
アトピー性皮膚炎
ルイボス茶葉の活用法
手作り石鹸
手作り化粧水
簡単ティッシュパック
ルイボスクッキー
ルイボスティーの有効成分
各種ミネラル
ケルセチン
SOD

ルイボスティー

ルイボスティーの飲み方

ルイボスティーは、紅茶やコーヒー、抹茶や煎茶、ほうじ茶、ウーロン茶などほとんどのお茶に含まれているカフェインを含んでいませんので、お休み前でも、小さなお子様やお年寄りでも安心して飲む事ができます。

また、味もまろやかで、強いクセや、苦み、渋みがほとんどなく、和食・洋食問わず、お食事やおやつと一緒に飲んでも料理の味の邪魔をしません。

体に有効な成分やミネラルを沢山含んでいるのに、カフェインを含んでいませんので、煮出し過ぎや、茶葉を入れて放置しても、苦味や渋みがほとんど出ません。むしろ煮出して、長く置く事で、有効成分がより濃く溶け出し摂取する事ができます。

夏は冷蔵庫で冷やしてアイスティーとしても楽しむことができます、レモンやライムやオレンジを入れても爽やかで美味しくいただくことができます。もちろん煮出して、暖かいルイボスティーをいただく事で体を温める効果も期待できます。

紅茶と同じように、ミルクのみでルイボスティーを煮出して、ミルクルイボスティーとか、ミントを加えてミントティーにしたり、シナモンを入れてシナモンティーなど、気分によって色々楽しむのも良いのではないでしょうか。

またルイボスティーの茶葉をハーブ感覚で料理に使ったり、クッキーに入れてルイボスクッキーやパウンドケーキに混ぜるなんてのも良いかもしれません。クッキーやケーキに茶葉を使用する際は、ミルサーなどの粉砕機で粉末状にしておくと、食べやすくてお勧めです。

Copyright (C) ルイボスティーNAVINET All Rights Reserved