ルイボスティーNAVI

ルイボスティー
サイト情報
HOME
お問合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ
ルイボスティー
ルイボスティーの特徴
ルイボスティーの効果
ルイボスティーの飲み方
オーガニックルイボスティー
ルイボスを知る
ルイボスの栽培
ルイボスとは
ルイボスティーの歴史
ルイボスティーの選び方
ノンカフェイン
流産の予防
不妊改善
妊婦さんに人気の理由
赤ちゃんにも安心
体のためにルイボスティー
老化を防ぐ
便秘解消
美肌を目指す
二日酔い防止
精神安定
高血圧予防
花粉症対策
加齢臭が気になり始めたら
ルイボスティーダイエット
アレルギー
アトピー性皮膚炎
ルイボス茶葉の活用法
手作り石鹸
手作り化粧水
簡単ティッシュパック
ルイボスクッキー
ルイボスティーの有効成分
各種ミネラル
ケルセチン
SOD

ノンカフェイン

妊婦さんに人気の理由

ルイボスティーはカフェインを含んでいません。ということは、他のページを読んでいただけた方なら、もうおわかりいただけたと思いますが、カフェインには覚醒作用があり、日常的に摂取することで、だんだんと感覚が鈍くなってくるので、コーヒー1杯でどれほどの覚醒作用があるか、わからなくなっている方も多いのではないでしょうか。

「赤ちゃんにも安心」のページにも記述してある通り、子供や胎児、授乳中の赤ちゃんへの影響は思いのほか強く、激しい興奮状態や、時にはパニック発作を起こさせてしまう程の刺激がカフェインにはあります。

妊婦さんがカフェインを摂取すると、血液中のカフェイン濃度は胎児と同じになりますが、胎児は体が未完成のため、胎児にしてみれば、大量のカフェインを摂取したのと同じ状態になってしまいます。そしてカフェインをうまく処理できずに、体に溜まってしまいます。医師からカフェインの摂取は控えるように、いわれている妊婦さんが多いのはこのためです。

ただ、ちょっと喉が渇いたなと思ってコンビニやスーパーに立ち寄ると、緑茶、ウーロン茶、紅茶、コーヒー、ココア、コーラ、ジャスミン茶、プーアール茶…..これらには全てカフェインが含まれていて、結局手にするのは、水か麦茶…という選択肢になってしまっている方も多いのではないでしょうか。

オレンジジュースなどのジュース類は糖分も高めで、体重制限を言い渡されている妊婦さんにはカロリーが気になるところ、そんななんだか味気ない思いをしている方も多いように思います。

ルイボスティーはノンカフェインでありながらカロリーは0。味はグレードによって若干違うこともあるので、違うメーカーやグレードのものなどを試して自分好みのものを見つけるのも楽しいかもしれません。なんと言ってもミネラルが豊富で妊婦さんに最適な飲み物といえるでしょう。

Copyright (C) ルイボスティーNAVINET All Rights Reserved