ルイボスティーNAVI

ルイボスティー
サイト情報
HOME
お問合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ
ルイボスティー
ルイボスティーの特徴
ルイボスティーの効果
ルイボスティーの飲み方
オーガニックルイボスティー
ルイボスを知る
ルイボスの栽培
ルイボスとは
ルイボスティーの歴史
ルイボスティーの選び方
ノンカフェイン
流産の予防
不妊改善
妊婦さんに人気の理由
赤ちゃんにも安心
体のためにルイボスティー
老化を防ぐ
便秘解消
美肌を目指す
二日酔い防止
精神安定
高血圧予防
花粉症対策
加齢臭が気になり始めたら
ルイボスティーダイエット
アレルギー
アトピー性皮膚炎
ルイボス茶葉の活用法
手作り石鹸
手作り化粧水
簡単ティッシュパック
ルイボスクッキー
ルイボスティーの有効成分
各種ミネラル
ケルセチン
SOD

ノンカフェイン

流産の予防

厚生労働省の発表によると、過去に妊娠を経験した方の41%方が流産を経験しているという結果が出ています。なんと半分弱の方が流産を経験しているという結果に驚きます。近年晩婚化が進む事に伴って、高齢での出産を希望する方も増えています。

当然卵子の老化も進んでいます。卵子の質が悪いと、染色体に異常がある確率が上がり、細胞分裂がうまくできずに流産してしまうという事が起きます。染色体異常の他にも、妊娠12週を過ぎると、子宮の出口が緩んだり、感染を起こしたり、子宮の形に異常がある場合などの原因による流産が増えます。

流産率は年齢が高くなればなるほど高くなります。全年齢の流産率は10~15%ですが、高齢出産の流産率は20~25%前後と、高くなっています。

流産を防ぐには、最も流産の危険が高いといわれる14~15週くらいまでに、ゆったりと過ごせる環境をつくるために、なるべく早く妊娠を知る事が鍵になってきます。

特にその間に気をつけたい事は、過労を避ける、風邪をひかない、下痢や便秘をしない、 ストレスをためない環境に身を置く、重いものを持ったり長時間立ち続けないようにする、激しい性生活をしない、水泳、旅行などもこの期間は控えた方が良いといわれています。

流産の原因は卵子の老化だけに限りませんが、卵子の老化による質の悪化は不妊だけでなく、流産の確率も上げる原因の一つと考えられています。ルイボスティーに含まれる活性酸素分解酵素(SOD様物質)は、卵子の老化防止による流産の予防に役立つだけでなく、ミネラルも豊富に含まれていることから、健康な体を保つ効果も期待できるといわれています。妊娠前から飲む事をお勧めします。

Copyright (C) ルイボスティーNAVINET All Rights Reserved